読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩戸の落書き

蒼穹のファフナーの考察感想ブログ

雑感・1 百科系サイトの現状と初心

1としてますが特に続きません。雑感書くたびにナンバリングして整理したかっただけです。ファフナーの公式設定について思うところとして、書きたいことがあったので書きます。

 

一般的にアニメの本編見た後に見るところとしては最大手Wikipedia、あとはニコニコ大百科やアニオタWiki(仮)、ものによればPixiv百科辞典あたりだったり。そういう大手百科事典系サイトの当該アニメ項目で情報を集めるのが常套手段かなと思います。自分も大体気に入ったアニメがあればそこで設定だったり、原作ものなら原作との相違点だったりを調べることはしばしばあります。Wikipedia以外についてはネタやノリで書かれているものも多いため、あまりソースとしてあてにはできません。ラインバレルとか。じゃあWikipediaはどうなのかってとこに触れたいと思います。

ただファフナーというアニメに関して、オリジナルアニメということもあり公式設定が得られる手段はあまり多くありません。DVD付属リーフレットだったりブックレット、2冊しか無いムック、あとはHPから得る僅かな情報、制作陣のイベントの発言・雑誌インタビューやつぶやき、など。これらは集めようと思えば集められてしまうものです。現に雑誌系を除いて自分はおそらく網羅してます。こうして集められるものとはいえ、それぞれに情報が散開しており、また矛盾・誤植・後付けによる変更などといったこともあるかもしれません。例としては順に「乙姫の誕生秘話」「史彦のファフナーパイロット設定」「行美と西尾巧の関係」などが挙げられます。

Web上の百科系サイトではそれらの情報をなんとかしてまとめて今の形におさめています。それゆえWeb上の情報で気になってしまうのが、ソースの不確定さです。Wikipediaのように1つのページに何から何までまとめるのはある意味便利ではありますが、学術記事と比べて参照文献の情報がほとんどありません。文章がさも当然のように匿名編集者の言葉で書かれている状況が自分はあまり好きではありませんでした。この設定はどこにどのような言葉で書かれているのか、匿名編集者の独自解釈ではないのか。そういう点が微妙な部分が多すぎるのです。これはアニメにかかわらず論文やレポートの執筆時に度々遭遇することかなとは思います。

その例として、Wikipediaのマスター型フェストゥムの項目にはイドゥン・ミョルニアに並んで真壁一騎として書かれています(執筆時2016年8月現在)。確かにEXO24話を見れば一騎がマスター型になったと解釈したくなる気持ちもわかりますし、ブログやツイッターで「一騎は島ミールの祝福を受けてマスター型フェストゥムになった」と感想や考察として垂れ流すのは自由です。しかしそれをいかにも公式にそうなったとWikipediaに書いて良いものでしょうか。EXO24話のカノンとのやり取りにも、「The Follower 2」での紅音とのやり取りにも、一騎が何を選んだのか、道が示されたのかの言及に留まりマスター型になったとは一言も言われてません。もしファフナー初心者がEXO24話のあとWikipediaを見たら、「へぇ、一騎はマスター型になったのか」と誤解されたままになってしまいます。

恵まれたことにファフナーには独自のWikiWikiのページがあります。以後アーカイブとしますが、このアーカイブの文章量はWikipediaと比べてそこまで多いわけではありませんが、画像付きであること、制作陣のつぶやきも載せてあることから中々重宝します。最新ニュースや今後の予定がわかるのもよいです。しかしこのアーカイブも全てが全てソースが示されているわけではありません。アーカイブまで辿り着いたクラスタなら常識としてソース省略というのは分からない話ではありませんし全て示せと言いたいわけではありません。ただ微妙な設定や言及についても匿名編集者による記述が可能である点はWikipediaと変わりません。専門用語をまとめている小辞典のページのようにほぼほぼ公式の文章をそのまま使った書き方であれば問題ないと思うのです。

話が飛躍しますが、政治やメディアの言った言わないだの解釈問題だの言葉遊びはくだらないと思います。しかしここまでして公式設定のソースや文言にこだわりたい理由は、「個人の考察を1次ソースとした第三者による考察」を防ぎたいからです。ファフナーはこれからも続編があろうとなかろうとコンテンツは続き、新たなファンも増えていくと期待できます。その中でいろいろな方面から考察する人がでてくると思いますが、その考察の根底にあるのが他人の解釈では元も子もありません。先の例のようにWikipediaを見て一騎がマスター型であるという前提の下で考察してもなんの意味もありません。EXO24話を見てその人自身が一騎マスター型説を自力で仮定して考察する分には問題ありませんが、もし間違った情報あるいは不確定な情報がWikipediaなどにあったらどうでしょうか。ある人が「イドゥンがいた島は蓬莱島だ」と公式に言及がないものを勝手に公式のようにWikipediaに書き、それを誰かが信じてしまったら。

 

長々と書きましたが、「ソースは極力示す」「公式設定と独自解釈=考察感想を明確に分ける」の2点、この2点を強調して自分は記事を書きたいと考えています。ただソースを示す際に著作権の関係から、どこまで引用していいのかというのがグレーな部分があるので、そこはおいおい考えながら書いていこうと思います。基本的な型として引用部分は、

 

(セリフはそのシーンからスクショがあれば)

【ソース元・もしくはアニメ何話】

ソース・セリフは青文字。セリフ書き起こしは、句読点など厳密ではないが可能な限りニュアンスに近づける。

 

のように書きます。それではお願いします。

 

ぼちぼち記事は書いてますが一行に完成しないので前からやってたサントラ使用まとめを先に上げました。

・無印1話は何月何日か

ヘブンズドアとベイグラントとアトランティス

・アーカディアンプロジェクトとは

・魂と灯り

・存在と無の地平線=事象の地平線

あたりを書いてます。完成次第。