岩戸の落書き

蒼穹のファフナーの考察感想ブログ

無印1話は何月何日か

概要

EXOでは親切に1話冒頭に日時が表示され、物語がいつから始まるのかわかるようになっている。

f:id:isol8:20160720190551p:plainf:id:isol8:20160720190553p:plain

しかし無印1話は公式に言及されたことがなく曖昧なままである。ここでは様々な観点から無印1話が何月何日か推測する。

 

アニメ版とそれ以外の違い

無印開始時で作中時間は2146年

 

【年表】

2146 フェストゥムスフィンクス型襲来

 

【RoLリーフレット

2145年7月。竜宮島にフェストゥムが襲来する日の、およそ1年前。島では、夏休みを前に今年二度目の卒業式が行われていた。

 

【RoL】

僚モノローグ「7月20日。その年、2度目の卒業式があった」

 

何月かの明確なソースは見当たらないが、RoLリーフレットに1年前とあるので7月付近とする。なお小説版・シリウス版では始業式のある4月。

 

【小説版一章、シリウス版1歌】

真矢「新学期だから浮かれてるのかな、久しぶりに会ったしね」

 

小説版では明確に4月1日と言及されている。ただしそれは表向きで、実際は竜宮島が南半球にいたため季節が逆転している。 シリウス版では季節が逆転しているとの言及はない。

 

【小説版エピローグ】

島の太陽が東へ沈み、四月一日が九月末となったとき以来、すべてがぐるりと元に戻った気がした。

 

すなわち少なくとも小説版では9月末にあたる。また、

 

【小説版エピグラフ

十五歳、春――戦争の始まり。

俺たちは、ただ、そこにいた。

 

という文から15歳の誕生日をすでに迎えていることになる。一騎の生年月日は2131年9月21日なので21日以降。「春」というのが混乱を招くが表向きの季節が春だったと解釈する。

なお、この文はシリウス版でも用いられており、

 

シリウス版1歌】

15歳 春―― 戦争の始まり

僕たちは ただ そこにいた――…

 

である。ここで一騎の一人称は「俺」であり、総士の一人称は(基本的に)「僕」なので小説版では一騎、シリウス版では総士が語っている文になる。総士の生年月日が2131年12月27日なので、始まりを春とするならば2147年である。なお小説版は一騎の一人称と三人称を混ぜて書かれているので俺総士の可能性はない。

 

ライトノベルの書き方講座】

第二に、一人称でプロローグを書き、後は全て三人称にすることに決めました。

世界観を説明する文章を、くだけた感じにしたかったためです。

しかし、一人称のままだと、一騎の性格があまりにコミカルな印象になってしまったことから、一人称的なものも入ってくるような三人称という感じに落ち着けました。

 

電撃版も公蔵の言葉からおそらく2146年ではない。

 

【電撃版1話】

公蔵「すまんな、まだ15になったばかりだと言うのに…本当に…すまない」

 

アニメ版も無印開始時点で竜宮島は座標W144°27'15, S04°18'31すなわち南半球にいるが、季節の逆転について言及はされていない。

11月のハバロフスク近郊ですら島ではセミが鳴いている(EXO23話)ので、ここでは無視することにする。

なお島の気候制御に関して言及はないが、無印21話で島ミールが生命の巡回を理解し始め花が咲き乱れたときの弓子のセリフによると、

 

【無印21話】

弓子「気象制御装置も生命維持システムも、異常はないらしいんだけど」

 

ということからそれぞれのシステムから気候の調整も可能なのかもしれない。

 

まとめると、

アニメ版:2146年夏

小説版:2146年4月1日(表向き)、2146年9月21~30日(実際)

シリウス版:2147年4月(表向きか実際か不明)

電撃版:2147年1月ごろ?

となる。

 

ここからはアニメ版無印1話について考察する。

 

誕生日設定

登場人物のプロフィールは無印開始時点を基準に書かれているため、以下の2人の誕生日が有効な手掛かりになる。

 

【カード他】

羽佐間容子 2107年7月22日生まれ(39歳)

近藤彩乃  2107年7月28日生まれ(38歳)

 

よって1話時点で2146年7月22日~27日のいずれかまで絞り込める。

確定日時から遡って計算

1話をX日とすると、各話が連日続いている最短日数ならば、 (Stand by Meを除く)

1~2話、初戦闘。X日

2話、合同葬儀。X+1日

3話、赤紙。X+2日

3~4話、島の出航。X+3日

5話、トランプ。X+4日

5~6話、翔空。X+5日

7話、墓参り。X+6日

7話、模擬戦。X+7日

7~9話、上陸作戦。X+8日

ここで9話の由紀恵の時計の表示から上陸作戦は7月26日

f:id:isol8:20160719183859p:plain

X+8日が7月26日なのでX日が7月18日となり、最短日数だとしても誕生日の設定と矛盾が生じる。

 カレンダーから

では誕生日設定が間違っているとして最短日数で計算したX日を7月18日としてよいか。

実はそう簡単にはいかない。

2146年7月のカレンダーは、

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

であり、18日=第3月曜日は「海の日」にあたり祝日。

祝日の概念がファフナーの世界観で存在していることは、EXO16話のカレンダーからわかる。

f:id:isol8:20160719185040p:plain

上記で考えたX日=18日は祝日にあたるが、一騎たちは普通に登校している。

一般に祝日に登校することはないことからこれも矛盾になってしまった。

これより9話から逆算する方法ではX日は7月16日以前になる。

ただし、3話の職員室の黒板の曜日が2146年7月と一致していないことから実際のカレンダーへの信憑性は低い。

f:id:isol8:20160719193352p:plain

 なお2146年のうち、黒板のように1日が火曜日になるのは2月3月11月。

RoLから

【回覧板1129号】

共生よりも決戦を望んだ公蔵を苦慮していた史彦

全てを理解した皆城総士を擬装鏡面の外に出し、公蔵配下の者とフェストゥムを呼ぶべく5日間を漁船に擬装した高速哨戒船で過ごす。

 

竜宮島にフェストゥムが襲来したのは、実は決戦を控え犠牲を払ってでも戦力を増強しようと考えた公蔵の計画による。回覧板によると、総士は船の上で5日間過ごしたようだ。総士が出発するシーンはRoLの最後のシーンにあたり、小説版に載っているシナリオによると、総士と蔵前が会話しているのが朝とわかる。

 

【小説版RoLシナリオ】

□剛瑠島・沿岸部・朝

 船が停泊しているそばで、蔵前と総士が向かい合って立っている。

 ※総士、放映の第一話と同じ格好

 

わざわざ服装に注釈が付いていることからこれが第1話近辺のこととしたと考えられる。(字幕に四ヶ月後とでるが無視する。)そして決意の表情の総士に重ねるように、一騎たちの現在の様子と思われるものが映るが、

f:id:isol8:20160720185804p:plain

これは無印1話で真矢と甲洋の通学路と同じ場所。

f:id:isol8:20160729073954p:plain

比較してみると真矢の自転車のカゴにバッグがない。このことから真矢が忘れたという可能性を除けば登校日ではなく休日ということになる。ちなみに甲洋は肩にかけている。翔子は見切れ。 

 

 

台詞から

【無印1話】

弓子「真矢は?」

千鶴「もうでたわよ」

弓子「クラブの朝練?」

千鶴「今日はないって言ってたけど」

弓子「じゃあまた羽佐間さん家ね」


真矢「翔子?」

翔子「真矢!」

真矢「えへへ、また来ちゃった。今日、いけそう?」

翔子「ん……」

真矢「…ね、入っていい?」

翔子「どうぞ」


翔子「昨日あのあとお母さんに怒られちゃった」

真矢「なんで?」

翔子「あなたのせいで、真矢ちゃん遅刻しちゃったらどうするの、だって」

真矢「大丈夫よ!あれくらいダッシュで余裕余裕、そんなこと気にしないでよ!」

翔子「真矢…」

真矢「ふふ…よかった、昨日より元気そうだ」

翔子「うん…ありがとう」 

 

真矢のクラブの設定はその後言及がないためおそらく没設定。翔子との会話から1話の前日(X-1日とする)も羽佐間家を訪れ、その後登校したことがわかる。登校が授業のある日なのか前述のクラブの朝練なのかハッキリしないため、日にちの断定はできない。

真矢がX-1日に羽佐間家を出発した時点で家に容子がいることから、授業のない日である可能性が高い。X日が登校日であることを踏まえると、X-1日候補日は18(月・祝)・24(日)、X日候補日は19(火)・25(月)。

授業のある日と考えるなら、竜宮島中学校は土曜登校もあるので、X-1日の候補日は19(火)・20(水)・21(木)・22(金)。よってX日候補日は20(水)・21(木)・22(金)・23(土)。

f:id:isol8:20160719194517p:plain

(見切れている月曜は順に、国R物社数H)

容子が家にいた理由としてX-1日は具合が悪ったため看病してたのか、翔子の病状を考慮して平日も休みが与えられているかなどが考えられる。その場合午前中に理科(容子の第2種任務は理科教師)がない曜日は木金のみ。

まとめるとX日候補日はは19(火)・22(金)・23(土)・25(月)。

この蔵前とぶつかる直前のシーンで映る時計がこれ。

f:id:isol8:20160719195014p:plain

歪んでいてわかりづらいが、針の交点からはみ出した長さが若干異なる。一般に長くはみ出しているほうが長針なので、下にあるのが長針、上が短針になる。

バランスは悪いが時刻は13時25分か14時25分。なおこの時点で放課後にあたる。

 

【無印1話】

総士「一騎は?」

真矢「授業が終わった途端、近藤君とでてったわ」

 

一般に中学校の授業は4時間目までが午前、給食と昼休みを挟んで5時間目以降になる。そのため時刻にそぐわない4時間目までの土曜、7時間目まである火曜木曜は不適切。6時間目の月曜水曜の線は微妙だが5時間目までのほうが望ましい。

これらよりX日候補日は7月22日(金)

と、ここまで書いたものの

回覧板0426号にこんな記述があったのを見逃していた。

 

【回覧板0426号】

2146年5月以前、本編第1話よりほぼ1年~半年前の物語り

 

RoL本編は2145年7月20日卒業式、9月3日L計画開始~11月4日終了、4ヶ月後エピローグ。(リーフレット)

 

結論

手掛かりは多いもののそれぞれが矛盾を生み正確な特定は困難